BIGO LIVEで1段上の配信を!揃えたい配信機材を紹介!!~雑談配信編~

BIGO LIVE

BIGO LIVE(ビゴライブ)は、シンガポール発のライブ配信アプリ。
世界で2億人ものユーザーがいる人気アプリで、日本にも上陸したということで日本人の皆さんも配信を始めてみようと思う人も多いのではないでしょうか?
そこで気になるのが、配信を始める前に配信機材を揃えた方がいいかということですよね。

結論から言うと、スマホ1台さえあれば配信自体はできますが、他の配信機材もあるとより便利に・クオリティの高い配信が可能です。

ではまず、BIGO LIVE(ビゴライブ)の1番ポピュラーなライブ配信である「雑談配信」で揃えたい配信機材を紹介していきます。
雑談配信とは、カメラで自分の顔を写しながら視聴者のコメントを読んだりトークで視聴者を楽しませたりする配信です。
雑談配信は、「通常配信」から配信を開始しましょう。

BIGO LIVE(ビゴライブ)はスマホ1台でライブ配信できるアプリなので、スマホは必ず必要。スマホはiPhone、Android両方とも対応しています。
PCはBIGO LIVE(ビゴライブ)のライブ配信の視聴はできますが、PCでライブ配信をすることはできません。
雑談配信では、スマホのインカメラで顔を映して内蔵マイクで声を入れるのが基本的な使い方です。

BIGO LIVE(ビゴライブ)はスマホ1台でライブ配信できるアプリですが、スマホを手に持ったまま配信すると手が疲れてしまったり、配信画面がブレて視聴者が観にくくなってしまいます。
なので、スマホ用の三脚を使って固定するのがおすすめです。
スマホ用の三脚を買う際は、BIGO LIVE(ビゴライブ)の配信画面は縦画面なので、必ずスマホを縦に固定できるものを選びましょう。

また、照明付きのものを選べば、別にスマホ用の照明を用意しなくても済みます。
スマホ、三脚に比べると必須度は下がりますが、配信者を照らす撮影用の照明があると配信者の見栄えが良くなります。

こちらもスマホ、三脚に比べると必須度は下がりますが、配信にBGMがあった方がいいという人は音源も用意しましょう。
BGMがあることで、配信中に無音の時間が無くなります。
音源は、BIGO LIVE(ビゴライブ)は「著作権のある音源を中継するとバンされる」という決まりなので、著作権フリーのものを使用しなければいけません。
また、再生する機材は、雑談配信のバックに流すくらいならPCとスピーカーぐらいで十分だと思います。

それでは、皆さん楽しい配信ライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました