人気YouTuber・モデルとして活躍している「ねお」さんが、所属事務所VAZと契約を巡ってトラブル勃発

YouTuber

ねおさんの母親がブログで、マネージャーの現場放置・数千円の収益があるはずが、月の手取が30万円などを告発。これに対しVAZは「事実と異なる内容」「誠に遺憾」と真っ向から否定しています。事務所に対する恩恵をあだで返すねおさんの母親の言い分が物議となっています。

YouTuberねお プロフィール

名前:ねお(実名:山﨑 嶺緒)
出身地:鹿児島県
生年月日:2001年6月6日

女子高生に人気のYouTuber「ねお」さんは2015年、人気動画アプリに投稿した動画がきっかけで人気を獲得⇒2018年からは「Popteen(ポップティーン)」のモデルとしても活躍!最近だと、ブルボン「プチ」のCMソングにも出演し、急激に人気を上げていました。

ねおママ ブログでVAZの実態告発!

ねおさんと事務所の対立は以前からありましたが、公になったきっかけは、ねおさんの母親が8月23日に投稿したブログです。そこには「報酬内容の不当」「マネージャーの現場放置」「嫌がらせ」などの内容が告発されていました。

最近、ねおのYouTubeが上がらない事を不思議に感じられた方も多いのではないでしょうか。
あの子自身身動きがとれない現状に置かれ苦しみ悩む日々を送っています。
親として小さな力かもしれませんが今の現状を回避すべく
また、応援してくださる方々にご心配頂く現状があるので真実を公開しようと思いました。

年間にして数千万円のYouTube収益が出てても、
月に30万ほどしか報酬が渡されない月も存在しています。
案件にいたっても契約書に何も記載されていないのに、、年間数千万円ほどのお金が取られています。

YouTubeのアカウントも、取締役の渡辺さんや経営陣の方々に管理され
しばらくねおが触れない状況もありました。

小学生にも人気の職業ナンバーワンのYouTuberであり、昨今ではYouTubeに参入してくる人もかなり多くなりました。競争が激しい中でもねおさんはトップユーチューバーです。アカウントを事務所側に管理され、ねおさんが触れない状況が続いたとあり激怒しているねおママ。

しかし、普通に考えてみれば事務所に所属している以上、管理されるのは当然のことです。年収が数千万円でていたとしても、それは事務所の力があってこその事。ねおさん一人では30万円稼ぐのも難しかったとすれば感謝すべきでしょう。

マネージャー岡田からに虐められたと言いがかり

ねおさんを担当しているマネージャーは「岡田」さんという男性です。
以前は別のマネージャーが担当していましたが、代わってからは現場放棄や嫌がらせを受けていたと告発していましたが、まだ仕事の契約は残っている状態。そんな中マネージャーからいじめを受けていると実名を挙げているねおママですが、裁判沙汰となれば事態は名誉棄損などから一発逆転も考えられます。

ほかにも違約金が発生したりと、辞めるだけなのに月30万円の収入以上にお金を請求されるとなってしまえば本末転倒。娘のためにと動いた母親ですが詰めが甘い。ねおさんに感謝されるどころか「余計なことを…」と思われても仕方ありません。

事務所VAZ「事実と異なる内容」とねおまま批判!

【ねおままのブログに関しまして】

この度、「ねおまま」のブログにおいて、弊社所属クリエイターの「ねお」と弊社に関する内容について記載がされていることを確認いたしました。2020年7月29日以来、「ねお」は、代理人弁護士を立てて、「ねお」と弊社の契約関係に関して弊社とやりとりをしておりました。

このような状況下に、8月17日に「ねお」は代理人弁護士との間の委任契約を合意解約し、また、本日、先方(母親)が事実と異なる内容をブログに投稿したことは、誠に遺憾です。

対する事務所VAZはねおママのブログに対して「無実無根である」と否定しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました