TikTokが香港から撤退で今後どうなる?

TikTok

中国での国家安全維持法施行に伴い、TikTokが香港から撤退することを7月8日決定した。
元々TikTokは中国企業が運営する動画配信アプリだが、中国国内では使用できず治外法権状態であった香港内であれば一部サービスが利用できる状況が続いていた。
しかし2020年6月30日に強行可決された「香港における国家安全法維持法」を遵守することになると、中国政府が国家に対する反逆を企てる内容・テロを増長する内容と判断した動画を一方的に削除したり配信者の情報を特定できるようになってしまう。
また、その状況が加熱すると運営元企業までもが共謀者とみなされる恐れがあるため、運営側が苦渋の決断を下した形だ。
また、昨今のアメリカの反中体制が加熱しつつあり、トランプ政権は中国製アプリであるTikTokの使用を禁止する方針を発表している。
すでにインドではTikTokの利用を政府が禁止とする措置をとっている。
そうなると、類似アプリへの配信者流出が予想されるほか、その他の中国系アプリも使用できなくなってくる恐れがある。
また、今後この国際的な動きが加速すれば、将来的に日本国内でも利用できなくなる可能性があるのだ。
活動の場を突然失われたTikToker達は今後どうなってしまうのか。

安全で安心なライブ活動を続けるためにも、ライバーにとって見逃せないニュースではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました